季節も変わり、山々は色とりどりの衣をまとって、往来する人々を優しく微笑んでいるように感じられます。さて、気温の上昇と伴にストーブを焚く機会も少なくなりつつあります。これからは、朝晩の寒い日やジメジメと湿った露の日にストーブを焚く時もあると思いますが、次のシーズンに備えメンテナンスを行って下さい。

薪ストーブは煙突内部を中心にブラシでゴシゴシとクレオソートを除去します。ペレットストーブはご自分でもメンテナンスが出来ます。もし、メンテナンスが出来ないようであればご依頼下さい。