エビデンス

抗ウイルス性試験での実証

木下グループ、木下抗菌サービスが国立国際医療研究センターとの共同研究において、最高で新型コロナウイルス99.4%の不活化を確認。 詳しくはこちら

TOTO株式会社総合研究所 分析技術センターの試験により、暗所でも効果が発揮してウイルスが不活性化されることを証明

バクテリオファージを用いた抗ウイルス性能評価試験

  • 可視光500lx 2時間のグラフ
  • 暗所 4時間のグラフ

※抗ウイルス活性値とは、「2.0」で99%の不活化を達成していることを意味します。

安全性試験での実証

日本食品分析センターの安全性試験を実施し、公的に安全性を確認

認定機関の登録

日本全国の光触媒を扱う企業196社(2021年3月16日現在)で構成される光触媒工業会(PIAJ)で、コーティング製品としては初めて登録。 詳しくはこちら

適正で安心できる抗菌・防カビ加工製品の普及を目的とした団体、SIAA(抗菌製品技術協議会)に認められ、「抗菌」マーク認証を取得しました。   詳しくはこちら

安心してご利用いただくため、キノシールドは、第三者機関による試験計測成績書を取得しています。

試験内容試験機関
抗ウイルス効果可視光試験『一般的な室内灯と同程度の光を2時間照射した際の光触媒効果の証明』TOTO株式会社 総合研究所 分析技術センター
抗ウイルス効果可視光試験『一般的な室内灯と同程度の光を4時間照射した際の光触媒効果の証明』TOTO株式会社 総合研究所 分析技術センター
抗菌性試験『細菌に対する抗菌効果の証明』一般財団法人ボーケン品質評価機構 大阪機能性試験センター 試験番号JNLA2020K1151 発行日2021年4月5日
抗菌性試験『細菌に対する抗菌効果の証明』一般財団法人日本繊維製品品質技術センター
光触媒材料のアセトアルデヒド除去性能試験地方独立行政法人 神奈川県立産業技術総合研究所
光触媒材料のホルムアルデヒド除去性能試験地方独立行政法人 神奈川県立産業技術総合研究所
消臭性試験『消臭効果があることを証明』一般財団法人日本繊維製品品質技術センター
急性径口毒性試験『飲み込んでも危険性がない証明』一般財団法人 日本食品分析センター
皮膚への刺激性試験『長く触れていても炎症を起こさない証明』一般財団法人 日本食品分析センター
変異原性試験『発がん性がない証明』一般財団法人 日本食品分析センター
皮膚感作性試験『皮膚へ接触しても危険性がない証明』一般財団法人 日本食品分析センター

エビデンス

抗ウイルス効果可視光試験

抗ウイルス効果可視光試験

細菌に対する抗菌効果の証明

細菌に対する抗菌効果の証明 すべてのエビデンスを見る

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP